スタンドアップパドルボードの選び方

スタンドアップパドルボード(SUP)は、1本のパドルを使って漕ぎ、立ってパドリングします。 サーフボードよりも長く、安定性を確保するために、一般的にやや幅広くなっています。また、ボードの表面に滑り止めが付いています。 スタンドアップパドルボードの中には、座るためのシートを取り付けることで、カヤックスタイルにできるものもあります。 このガイドでは、お客様に合ったスタンド・アップパドルボードを選ぶためのポイントについて説明します。

スタンドアップパドルボードを見る

  • スタンドアップパドルボードの選択の仕方について

    スタンドアップパドルボードの選択は、いくつかの選択基準に基づいて行います。 まずは、インフレータブルタイプかハードタイプのどちらを選ぶかを決めましょう。 また、サイズ、体積、耐荷重、形状なども考慮する必要があります。

    このガイドでは、以下の選択基準について説明します。

  • インフレータブルタイプかハードタイプか

    Oxbow社製スタンドアップパドルボード

    スタンドアップパドルボードは、お客様のニーズやライフスタイルに合ったタイプをお選びいただけます。 インフレータブルタイプとハードタイプのどちらにするかを決めるには、収納スペースがどれくらいあるかによります。

    収納スペースが少ない場合は、インフレータブルボードがおすすめです。 持ち運びが簡単で、寝袋のサイズまで丸めることができます。

    性能に関しては、ハードタイプのパドルボードの方が、インフレータブルタイプのパドルボードよりも優れています。 つまり、サーフィンやレース、長距離遠征などに使いたい場合は、ハードタイプが最適です。 速度においては、インフレータブルタイプに比べて5%速いです。 ハードタイプを使いこなすには、より機敏な動きが必要です。 サーフィンでは、より優れた滑走性と軽い波を捕らえることができます。 手間のかからないボードをお探しの場合は、インフレータブルタイプがおすすめです。

    インフレータブルボードは、耐久性に優れており、急流や岩場での使用に最適です。 ハードタイプのパドルボードは、落とすと破損して、修理が必要になる可能性があります。 インフレータブルタイプは、ハードタイプよりもはるかに耐久性に優れています。

    インフレータブルボードのメリット:

    • 初心者に人気
    • 一般的に安価
    • 収納に便利。でも膨らませるにはポンプが必要
    • 耐久性に優れていて、扱いやすい

    ハードボードのメリット:

    • 汎用性が高い
    • 優れた滑走性とコントロール性
    • フィンの選択肢が多い
    • 優れた安定性
  • スタンドアップパドルボードのサイズの選択について

    Gili社製スタンドアップパドルボード

    ボードのサイズは、長さ、幅、厚さで決まります。一般的に、長いボードは短いボードよりも速いですが、短いボードの方が操作性に優れています。 子供用には短いボードが最適です。

    10’-12’(3m~3.6m)の中型ボードは、水上散歩やサップヨガに最適です。 このタイプのボードは、ほとんどが滑走型です。 12.6′(3.8m以上)の長めのボードは、高速パドリングや長距離に最適です。 このタイプのボードは、ほとんどが排水量型です。 短いボードよりもまっすぐに進めるため、速度が上がります。

    ボードの長さを選ぶ際には、体積や耐荷重との関係を理解しておくとよいでしょう。   長くて幅が広いボードは、体積と耐荷重がより大きいです。

    • 10’(3m)以下の短いボードは、子供にもおすすめです。
    • 10’-12’(3m~3.6m)の中型ボードは、多目的用に使えて、サップヨガにも最適です。 これらのボードのほとんどが滑走型です。
    • 12.6′(3.8m以上)の長いボードは、高速パドリングや長距離に最適です。 長いボードの大半が排水量型です。 短いボードや中型ボードに比べてスピードが速く、まっすぐ前進します。特に、波に向かって前進する時の快適性と滑走性に優れています。

    またボード幅は、ボードの扱いやすさを左右する重要な要素です。 ボードの幅は30ンチ(76cm)から35インチ(89cm)まであり、様々なニーズに対応しています。 サップヨガでは、幅36インチ(91cm)以上のボードを使用すると、ポーズをとるためのスペースと安定性が得られます。

    旅行でクーラーボックス、食料、テントなどを持っていく場合は、幅の広いボードを選ぶと、荷物が載せやすくなります。 幅の広いボードは薄いボードよりも安定していますが、スピードが遅く、幅が広すぎるとパドリングが困難になります。 一方、幅が狭いボードは、スピードと操作性に優れており、レーサーやサーファーに人気です。

    • 幅の広いボードは、狭いボードよりも常に安定しています。
    • 幅の広いボードはスピードが遅く、幅が広すぎるとパドリングがしづらくなります。

    ボードの厚さが、重要な選択基準である理由は、全体の体積、重量、耐荷重に影響するからです。 長さと幅が同じで、厚さが異なる2つのボードを比べると、厚いボードの方が体積が大きく、体積が大きいほど重さを支えることができます。

    • 厚みのあるボードは、かさばって重くなりますが、浮力があるので水面からより高い位置でパドリングできます。 穏やかな海では、初心者やヨガ、水上散歩をする人には、心強い存在になります。
    • インフレータブルタイプであれば、薄いボードの方が軽くかさばらず、早く膨らませることができるので、機動性に優れています。
  • スタンドアップパドルボードの体積や耐荷重の選択について

    Starboard社製スタンドアップパドルボード

    ボードの体積と重量は、ボードを選択する際の重要なポイントです。 ボードの体積(リットル表記)は、体重をかけたときにボードがどの程度浮くかの目安になります。 体積が大きいほど、ボードはより多くの重量を支えることができます。 耐荷重は非常に重要で、乗る人の体重が耐荷重より重い場合、ボードが水に沈みやすくなり、パドリングしづらくなります。 耐荷重を選ぶ際には、自分の体重と、持ち物の重さを含めて、ボードに乗せる総重量を考えます。

  • 形状の選択について

    ボードには、サーフィン用・多目的用・水上散歩用・フラットウォーター用・ヨガ用ウィンドサーフィン用レース用など、さまざまな種類があり、各種形状やサイズが異なります。 サーフィン用のボードは、短いので扱いやすく、波打ち際でのスタンドアップパドリングに適しています。 汎用性の高いボードは、穏やかな海でも荒れた海でもパドリングできます。 水上散歩用ボードは、長距離用に作られています。 レース用ボードは、スピードや競技に特化しています。

Related guides
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
No comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です