手漕ぎボートの選び方

ボート競技は、炭素繊維や木材、複合素材でできた先細りの長いボートで、スピードを競うスポーツです。 漕ぎ手は、水位より高い位置にあるシートに座り、ボートの進行方向に背を向けます。 オールはボートの推進力として使われます。 オールの数は漕ぎ方によって異なり、スイープでは両手に1本のオール、スカルでは両手に2本のオールを使います。

このスポーツは、海・川・湖で行うことができます。 ボートの種類や競技によって、クルーにはコックス(艇の舵取りとクルーへの指示をする人)がいる場合といない場合があります。 このガイドでは、手漕ぎボートを選ぶ際の主なポイントについて解説します。

手漕ぎボートを見る

  • 手漕ぎボートの選び方について

    Rowing Sport Boats社製競漕艇

    目的に合った手漕ぎボートを購入するためには、いくつかの選択基準に基づいて選ぶ必要があります。 ボートの選択は、レース用/レジャー用、海/湖の選択だけでなく、一人で漕ぐのか複数人で漕ぐのか、またスイープかスカルかによっても変わってきます。

    手漕ぎボートの選択基準:

    • 用途
    • 漕ぎ方(スイープやスカル)
    • 乗る人数
    • 船体素材
  • 用途別ボートの種類

    Wintech Racing社製競漕艇

    手漕ぎボートには3つのタイプがあり、用途から選ぶことができます。 レース用ボートはシェル艇とも呼ばれています。 レース用手漕ぎボートは、レース用に作られたもので、優雅でなめらかなので、平らで穏やかな水域でしか使えません。 漕ぎ慣れた人に最適です。 海用手漕ぎボートは、練習用の楽しんで漕げるボートです。 レース用のものに比べて、荒れた水域でも使用可能です。 軽くて、速くて、漕ぐのが楽しいのが特徴。 レジャー用手漕ぎボートは漕ぎやすいので、主に初心者の方やレジャーで漕ぎたい人に向いています。 安定していて安心です。

    レース用手漕ぎボート:

    • レース用
    • 穏やかな水域での使用
    • 漕ぎ慣れた人に適している

    海用手漕ぎボート:

    • 練習用
    • レース用のものに比べて、はるかに荒れた水域で使用できる
    • 漕ぎ手の経験次第で海にも対応可能
    • 軽くて、速くて、漕ぐのが楽しい

    レジャー用手漕ぎボート:

    • 漕ぎやすい
    • 安定している
    • 初心者におすすめ
  • スイープとスカルについて

    Wintech Racing社製競漕艇

    手漕ぎボートには、1人乗り、2人乗り、4人乗り、8人乗りがあり、漕ぎ手の数やスイープかスカルかで決まります。 ボート競技は、スイープとスカルの2種類の競技に分けられます。 両手に2本のオールを持つ競技はスカルで、両手にオールを1本しか持たない競技は、スイープです。 スカルには、1人乗り、2人乗り、4人乗りがあります。

    スイープの場合、 コックス用のシートがある場合とない場合があります。 コックスの役割は、舵をきるだけでなく、コーチでもあります。 コックスのいないボートでは、漕ぎ手の一人が足で舵を動かして舵を取ります。 スイープには、コックスありの漕ぎ手2人(2+)とコックスなしの漕ぎ手2人(2-)、コックスありの漕ぎ手4人(4+) とコックスなしの漕ぎ手4人(4-) 、そしてコックスありの漕ぎ手8人(8+)があります。 コックスありの漕ぎ手8人(エイト)は、水上で最も速いボートです。 競争力のある男子8人のエイトの場合、約時速14マイルの速さで進むことができます。

    スカル: 漕ぎ手は両手に2本のオールを持ちます(長さ2.90m)

    スイープ: 漕ぎ手は両手で1本のオールを持ちます(長さ3.80m)

  • 手漕ぎボートの席数について

    Filippi社製競漕艇

    ボートには1人乗り、2人乗り、4人乗り、8人乗りがあるので、漕ぎ手の人数に合わせてボートを選ぶ必要があります。

    複数の漕ぎ手がいるボートでは、各漕ぎ手の呼び方を覚えておく必要があります。漕ぎ手の呼び方は、座席の順番で識別されます。船首にいる漕ぎ手は1番で通称バウ。1番先にゴールする人です。バウの前にいる人が2番、次に3番、4番、5番、6番、7番、8番、通称ストロークです。ストロークは、別名整調とも呼ばれ、他のクルーが従う1分間のストローク数とリズムを決定するため、優れたテクニックを持つ漕ぎ手でなければなりません。

  • 手漕ぎボートの船体素材について

    Row&Sail社製競漕艇

    ボート競技というスポーツは、可能な限り軽くて薄いボートで練習するため、チームメイト全員の動きを完璧にマスターしなければ得られない、安定性が問題となります。 ボートの性能は「軽さ」と「剛性」という相反する2つの特性を併せ持つため、ハイテク素材(炭素繊維やケブラーなどの各種複合素材)を使用する必要があります。 ボートの素材には大きく分けて、木材と複合材の2種類があります。

    木材:

    • 最も高い
    • ケブラーよりも高い剛性

    複合材(炭素繊維、ケブラーなど)

    • 耐久性とメンテナンス性が高い
    • 持ち運びが楽
Related guides
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
No comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です