ヨットの選び方

ヨットとは、1枚以上の帆を主な推進力とする船のことです。海辺での使用を目的とした小さなものから、大人数で大海原を航海できる全長30メートルを超えるスーパーヨットまであります。これらのヨットの共通点は、ハルの数が1~3つで、帆を支えるためのリグがある点です。

ヨットを見る

  • ヨットの選び方について

    自分のニーズに合ったヨットを選ぶには、いくつかの選択基準に基づいて選びます。 これからセーリングを始める方も、すでに経験を積んだ方も、このガイドで紹介するポイントを参考にしてみてください。

    以下は主な選択基準です:

    • ハルの数
    • ナビゲーションプログラム
    • 寸法、特に長さ、幅、喫水
    • 素材
  • モノハルとマルチハルについて

    モノハルとマルチハルのどちらにするか悩んでいる方は、どちらにも長所と短所があることを覚えておいてください。 ヨットには、船体が1つもの(モノハル)、2つのもの(カタマラン)、3つのもの(トリマラン)があります。

    モノハルの利点:

    • 凌波性が高い
    • 係留施設を見つけやすい(幅が狭いため)
    • 維持費の低減

    モノハルの欠点:

    • 遅くヒールしやすい
    • 狭いので、快適性に欠ける

    マルチハルの利点:

    • ヒールしない
    • 広く、止まった時の使い勝手が良い
    • 風下でより速い

    マルチハルの欠点:

    • 風上での効率の悪さや、荒波への耐性の低さ
    • 係留施設を見つけにくい
    • 維持費が高い

    Nautitech社製カタマランヨット

    Jeanneau社製モノハルヨット

    Corsair Marine Internationa社製トリマランヨット

  • ナビゲーションプログラムによるヨットの選び方

    ヨットの選択は、ナビゲーションプログラムにより大きく変わります。 ここでは、ナビゲーションプログラムの主な種類をご紹介します:

    クルージング: その目的は、快適な航行をすることです。 そのため、クルージング用のヨットは、船内で寝たり、料理をしたり、洗濯をしたりするための設備が整っています。 一般的には、数日程度の旅行を目的とした沿岸クルーズと、数週間程度の長い旅行を目的とした長距離クルーズに分けられます。

    デイセーリング: その名の通り、デイセーリングでは快適な装備はほとんど必要ありません。 デイセーリング用のヨットは一般的に小型であるため、トレーラーに載せて車で移動することができ、水路の切り替えも簡単です。

    レース: 主な目的はパフォーマンスです。 快適装備は二の次で、数日間のレースでは必要な場合もありますが、量と重さの面で厳しく最適化されています(重さはパフォーマンスの敵)。

    クルージング・レース: レースで好成績を残せて、快適なクルージングもできるヨットをお探しの場合には、このタイプがおすすめです。

    Wauquiez社製デイセーリングヨット

    X-Yachts社製クルージング・レース用ヨット

    Jeanneau社製クルージングヨット

    ベネトウ社製レース用ヨット

  • ヨットの寸法について

    注目すべき主な寸法は、全長、幅、喫水です。
    長さと幅は、利用可能なスペースに直接影響を与えます。ヨットは長くて広いほど、より多くの人や装備を乗せることができます。また、ヨットの性能にも影響を与えます。例えば、水線長はヨットの速度に決定的な影響を与えます。水線長が長いほど、ヨットの速度は速くなります。逆に、幅が大きいと速度は低下します。喫水は、ヨットの航行能力に直接影響します。

    全長は、船体の最前部の固定部分から最後部の固定部分までの距離です。可動部分や船体に取り付けられていないものは、この距離に含まれません(例:突き出ているアンカーは、全長に入りません)。

    ヨット幅は最大ビームとも呼ばれ、ヨットの最大幅に相当します。全長と同様、可動部は含まれません(例:移動中のブームが一時的にヨットの幅を広げることがあります)。

    喫水は、ヨットが沈んだ際の深さで、船体の一番下から水面までの距離です。水深が喫水以下の場所は航海できません。喫水2メートルのヨットは、水深2メートル以下では動くことができません。

  • ヨットの主な素材について

    ここでは、船体の構造に使われている主な素材であるグラスファイバー、カーボン、アルミニウムに焦点を当てて説明します。

    ファイバーグラス : ヨットに最も多く使われている素材で、特に大量生産されるクルージング用ヨットに使われています。 ファイバーグラスは、樹脂と組み合わせることで、鉄や木などに比べて比較的軽く、しかもリーズナブルな価格で、良質なヨットを作ることができます。 1960年代に使用されるようになり、現在では水に触れても長持ちすることがわかっています。 ただし、長持ちさせるためには少し手入れが必要です。 ファイバーグラスはゲルコートで保護されていますが、時間の経過とともに多孔質になり、ファイバーグラス自体に問題が生じることがあります。

    カーボン : 最高のパフォーマンスを得るための軽さと剛性の比率が非常に高いため、レーシングヨット用の主要素材です。 同じ船体でも、カーボン製ではファイバーグラス製と比べ、最大50%の軽量化が可能です。 しかし、コストが高いだけでなく、柔軟性がないために壊れやすいという欠点があります。

    アルミニウム: 強度と軽さの比率が高く、錆びない素材です。 外洋クルーザーの製造に適した素材です。 しかし、アルミニウムは電気分解を起こしやすいので、ヨットの電気回路には注意が必要です。アノードで船体をしっかり守る必要があります。

    HH Catamaran社製カーボン製ヨット

    Alubat Chantier Naval社製アルミ製ヨット

Related guides
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
No comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。