ボートトレーラーの選び方について

ボートトレーラーは、ボートのランチングや運搬に使用されます。 ボートトレーラーには、積載量と牽引車に固有の規制があります。

モーターボートトレーラーは、ボートのランチングと車載を容易にするためのローラーを装備しています。 トレーラーのローラーが水面と同じ高さになるように、トレーラーを水面まで後退させれば、ボートを直接ランチングさせたり、車載できます。 トレーラーの前部に取り付けられたウインチは、ボートの揚げ降ろしのコントロールに使用されます。 また、トレーラーには傾斜可能なものもあります。

ヨットトレーラーには、調整可能なクレードルとキール補助が装備されています。 キールが完全に格納されていないヨットのランチングは、クレーンなしにはできません。

トレーラーのおかげで、マリーナでのボートの保管料金や、船底が傷つかないので、塗装補修代を節約することができます。 しかし、長い期間ボートをトレーラーに載せたままにしておくと、重量がかかっている部分にわずかなくぼみができてしまうことがあります。 どのトレーラーでも起こりうる現象ですが、ローラー式の方がくぼみができやすいです。

ボートトレーラーを見る

  • ボートトレーラーを選ぶ際のポイント

    ボートトレーラーは、いくつかの選択基準に基づいて選びます。 載せるボートの重量や長さ、ハルの形だけでなく、規制にも注意して選びます。 このガイドでは、ボートトレーラーを選ぶ際のポイントについて、付属品とともに説明します。

    ボートトレーラーを選ぶ際のポイント:

    • 重量・長さ
    • モーターボート用かヨット用のトレーラー
    • 規制
    • 付属品
  • 載せるボートの重量や長さにについて

    ボートレーラーを選ぶ際に気をつけるべき最初のポイントは、トレーラーの最大積載量です。トレーラーの最大積載量は、ボートとエンジン、満タン時の燃料タンク、水タンク、フィッティング、装備品の合計の質量よりも大きくなければなりません。ボートの重量を除いたその他の重量を正確に把握できない場合は、ボート重量の20%を目安にしましょう。多くのボートメーカーは、エンジン、燃料、装備品を除いたボートの重量である乾燥重量を公表しています。

    満タン時の燃料、水、バッテリー、船外機、装備品、Tトップまたはハードトップなどを積んだボートの重量を計算するのは、ボートのオーナーの責任です。

    2つ目のポイントは、トレーラーの長さです。トレーラーの後輪から、ボートのトランサムが25cm離れている必要があります。

  • モーターボートとヨット用トレーラーについて

    ボートに様々な形や大きさがあるように、トレーラーにも様々な種類があります。 例えば、モーターボートの場合ハルが平らですが、ヨットにはキールがついています。

    モーターボートの場合は、ローラートレーラーを選ぶびます。 ローラーとは、トレーラーの骨組みに設置された小さな車輪のことです。 ローラートレーラーは、7m以下のフィッシングボート、リジッドボート、デークルーザー、セミリジッドボートなどに最適なトレーラーです。 2つの調整可能な車軸補助で、ボートを安定させます。 トレーラーのブレーキは、ブレーキ時に重量を配分させるために非常に重要です。

    ヨットの場合、キールの下にクレードルや多くのキャリングローラーを備えたトレーラーを使用する必要があり、これがヨットを支えます。 また、車軸をきちんと補助するために、ボートの高さを計算することを忘れないでください。 前方にストッパーがあると、ボートをブロックすることができ、便利です。

    ここでは、ローラートレーラーとバンクのみのトレーラーの違いについて簡単に説明します。

    • ローラートレーラは、浅い傾斜面や低潮でのボートランチングと車載に最適です。 走行装置(ブレーキ、ハブ、スプリング、車軸など)は、海水や真水にさらされる頻度が少ないので、ダメージが少なく長持ちします。 ローラートレーラは、一般的に価格が高く、維持費もかかります。
    • バンクのみのトレーラーは、シンプルな設計で部品数が少ないため、メンテナンスや修理がしやすく、価格もお手頃です。 このタイプのトレーラーは、ほとんどがボートをトレーラー上まで運転して載せることができます。 ボートのランチングと車載には、深さのある場所でなければなりません。 水中に入るため、特に海水では走行装置(ブレーキ、ハブ、スプリング、車軸など)が損傷しやすいです。

    Mecanorem社製ローラーボートトレーラー

    EZ loader社製バンクのみのボートトレーラー

  • ボートトレーラーの規制について

    ボートトレーラーを購入する前に、積載量が3,500キロを超える場合は、免許が必要になることに注意しましょう。積載量とは、牽引車とトレーラーの総積載量です。これは国によって異なる場合があります。

  • トレーラーの付属品について

    トレーラーには、メンテナンス、安全、機能性を補助するための、数多くの付属品があります。 一般的に、これらの付属品は別売りです。 ここでは、いくつかの付属品をご紹介します:

    • カプラーに装着する盗難防止装置
    • スペアタイヤキャリア
    • スペアタイヤ
    • 洗浄キット:ボートトレーラーの様々なパーツを洗浄することができます。
    • 傾斜型リアクロスメンバーは、ボートを水没させることなくランチングさせることができ、トレーラーを長持ちさせてくれます。
Related guides
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
No comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です