カタマランヨットの選び方

カタマランヨットは、2つの船体を持つヨットの一種で、軽くて速いのが特徴です。 キャビンはなく、通常は1~3人の乗組員で、短時間で移動します。 スポーツセーリングやレクリエーション、レガッタで使用されるほか、セイルキャンプやレースでも使用されます。 レース用のカタマランヨットには、パフォーマンスを向上させるためにトラピーズが装備されています。 現在、多くのヨットがそうであるように、カタマランヨットにもフォイルが装備されています。

カタマランヨットを見る

  • カタマランヨットの選び方について

    ニーズに合ったカタマランヨットを選ぶには、いくつかの選択基準に基づいて選びます。 これからカタマランヨットを始める方も、経験者の方も、カタマランヨットの購入予定であれば、ぜひこのガイドを参考にしてみてください。 使用目的や人数だけでなく、トラピーズの有無、セイルや付属品の種類も重要な選択基準です。

    主な選択基準:

    • 用途
    • 乗組員の人数
    • トラピーズの有無
    • セイルの種類
    • 付属品の種類
  • カタマランヨットの用途について

    カタマランヨットの種類は、使用目的により異なります。 主にレクリエーション、レガッタ、セイルキャンプの3種類があります。

    レクリエーション: 子供から大人まで、幅広い層の方に楽しんでいただけます。 レクリエーションに適したカタマランヨットは、基本的なセイル設定で、トラピーズがないことも多く、簡単に操作できます。 ビーチや湖などでよくレンタルされています。

    レガッタ: 経験豊富な方を対象としたカタマランヨット。 ブイや障害物などが設置されたコースを、できるだけ速く走ることを目的としたレース用のカタマランヨットです。 また、セイルの調整を効率的に行うための高度な調整システムや、トラピーズも備えています。 さらに、性能を向上させるためにフォイルを搭載するものも増えています。

    セイルキャンピング: 数日間かけて海岸沿いを航行し、夜はビーチに立ち寄るというもの。 カタマランヨットは、簡単に係留でき、船体の間に張られたトランポリンを利用して、キャンプ用のテントを張ることができます。

    Nacra Sailing社製レクリエーション用カタマランヨット

    Laser Performance社製レガッタカタマランヨット

  • 乗組員の人数について

    1人乗りのカタマランヨットと、複数人用(ほとんどの場合は2人)のカタマランヨットがあります。

    1人乗り用では、1人で操舵手の役割とセイルトリムをしなければなりません。 そのため、これらのカタマランヨットには通常、メインセイルしか装備されていません。 そして経験豊富な方が対象です。

    カタマランヨットの多くは、2人乗りができるように設計されています。 セイルは、メインセイル、ジブセイル、そしてスピネーカーなどを使用できます。 レクリエーション用のカタマランヨットは、大人3人、または大人2人と子供2人などを乗せることができます。

    Eagle Catamarans社製1人乗り用カタマランヨット

    Row&Sail社製2人乗り用カタマランヨット

  • トラピーズを装備したカタマランヨットについて

    中級者や経験者は、トラピーズを装備したカタマランヨットを使用することができます。 トラピーズは、乗組員とマストをつなぐ細いワイヤーで、船体に足をつけて体を離して立ったままハイクアウトすることができます。

    トラピーズの使用には特別な訓練が必要ですが、一度身につければ、パフォーマンスを大幅に向上させることができます。 また、乗組員の水上での感覚は10倍になります。

    すべてのレガッタスカタマランヨットには、トラピーズが1本か2本装備されています。 トラピーズが1本の場合はトリマー用で、舵取りは船体やトランポリンに座った状態でいます。

    Nacra Sailing社製トラピーズが1本のカタマランヨット

    Hobie Cat Europe社製トラピーズが2本のカタマランヨット

  • カタマランヨットのセイルについて

    Nacra Sailing社製左右非対称のスピネーカーカタマランヨット

    セイルの種類は、乗組員の人数で決まります。1人乗りの場合、複数のセイルを扱うのは困難です。 レースに使用される1人乗りのカタマランヨットの多くは、大きな表面積を持つメインセイルのみを装備しており、これによりパワーとパフォーマンスを十分に維持することができます。

    2人乗りの場合は、メインセイルに加えて、ジブ、時にはスピネーカーを装備するのが一般的で、非対称のものが多いです。 この構成であれば、どんな風向きでも力強く、最高のパフォーマンスを発揮することができます。

  • フォイリングカタマランヨットについて

    Eagle Catamarans社製フォイリングカタマランヨット

    フォイルは今日、ますますセーリングの練習に使用されています。 フォイリングカタマランヨットには、性能面で最新の技術が使用されています。 フォイルには様々な形状があり、必ずラダーが付いているので、「飛び」をコントロールすることができます。

    フォイルを使用することで、必要とされる技術レベルが格段に上がります。幅広い層を対象としたフォイルもありますが、そのほとんどは経験豊富な乗組員でなければ使用できません。 フォイルの開発・製造には費用がかかるため、フォイリングカタマランヨットは、普通のタイプよりも高価です(ダガーボードの有無にかかわらず)。

  • カタマランヨットに必要な装備について

    カタマランヨットを使用するには、ボート本体だけでなく、乗組員にも多くの装備が必要です。 ここでは、そのリストを紹介します:

    • ボートの運搬や進水にはトレーラーが必要です。
    • 当然ですがセイルは必須です。 メインセイル、ジブ、スピネーカーなどがあります。
    • 滑車、シャックル、ジャマー、クリート、ラインなど、セイルに適したフィッティングが必要です。 大型のモデルには、ウインチも必要です。
    • 屋外で保管する場合は、保護カバーが必要です。
    • 体を冷やさないためにウェットスーツが必要になる場合が多いです
    • 速度が出るため、ヘルメットやウェットスーツと一体化した保護具を着用するケースが増えています。
    • また、より集中的に使用する場合は、ネオプレン製の手袋や靴もお勧めです。
Related guides
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...
No comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です